投稿

エッセンシュピールに行きます!

イメージ
ボードゲームのでっかいおまつり、ドイツ・エッセンで行われる「SPIEL」に行くついでに
ストックホルムとハンブルクにも寄ることになり、旅のしおりを作りました!

全ページのPDFはこちら
十日ほどの旅でお休みをいただき、お仕事が停滞して恐れ入ります。 初めてのヨーロッパ。どんな新しいものと出会えるかワクワクです!

「SOMNIA」のアートワークについて

イメージ
タルトゲームズのゲームマーケット2019秋新作「SOMNIA」のアートワークを担当させていただきました。



タルトゲームズのカズマさんからは前作「三津浜」と前々作「ラミーファイブ」のアートのご依頼もいただきました。




カズマさんは指示がめちゃくちゃ丁寧で、毎回はじめにゲームの概要や仕様などをスプレッドシートにまとめて共有してもらっています。
ゲーム全体の予算や採算見積(お互いの取り分)までご連絡いただけるので、デザイン制作費にも納得がいきやすくありがたいです。


これを見ながら音声チャットを使いオンラインの打ち合わせを行います。
今回はルールだけありテーマをどうしようかというところで、ざっくばらんに案を出しあいました。
今回は私が描いてみたいと思っていた「少し怖くておどろおどろしい夢の中」というテーマを提案すると即「イイネ!」となり、カズマさんの悪夢のイメージも足していきました。

コンセプトアート……とまではいきませんが、箱絵のイメージも兼ねたラフ。この時点で全体の色味もぼんやりと決めていました。

目指した世界観については、以前にプレイして印象深かったツクール系PCソフトの「オシチヤ」「ゆめにっき」「Ib」といったアドベンチャーゲームで、意味深で陰りがありながらコミカルなキャラクターと懐かしげな雰囲気のイメージでした。
また、「エドワード・ゴーリー」の絵本のイメージでモノトーンにし、子ども目線で描いた粗いグラフィックをあわせました。

その後はtwitterDMでブレインストーミングしながら提案と修正を重ねました。
メールでのやりとりは会話履歴を辿りやすいという良さがありますが、DMやチャットでラフに意見交換ができるのはかなりありがたいです。
テストプレイ用のカードデータを作成したり、プリントしてモックを作成しパーツのサイズを確認・修正したりもします。
カード→チップ→箱→説明書の順に仕上げ、印刷所の早割プランで無事入稿。
大体の提案はほぼOKをいただくのでトントン拍子で進みました。

悪夢がテーマなだけあって、制作中は変な夢を何度も見ました。
その夢のなかで、"箱の底面(裏面)を迷路にする"というアイデアを思いつき実装。
↓ちら見せです。道は側面まで回り込んでいるのでフタを開けないとゴールに行けないようになっています。



説明書にはカードのグラフィックに登場する…

クリベッジ(2人用)のサマリーを作りました

イメージ
伝統トランプゲーム「クリベッジ」のゲームの流れと得点をそれぞれA4サイズにまとめました。







PDF(A4カラー2枚)

キャラクターはアゴニーアントのアゴニーちゃんともじゃ髪くんを描いたつもりですが、だいぶ設定を忘れてました。別人!
手書きでわかりづらい部分があればすみません。

出されたカードの累計を数える、というのは、ぴっぐテンのようで楽しいです。
手役はカードを重複して使えたりするので、慣れるまで少しややこしいかもしれませんが、遊んでみてくださいー。

トランプゲーム ポートランドのサマリー

イメージ
一人一箱のトランプを持ち、より強いポーカー役を作るガチャゲー「ポートランド」のサマリーを作りました。

ライナークニツィア作、盛り上がること間違いなしの一推しゲームです。
ざっくりとした遊び方はこんな感じ。






くわしいルールはやういちさんのブログ「ゲームばっかりやってないで」をご覧ください。

サマリーのPDFはこちらですー ポートランドのサマリー(A4で2枚出ます)


「ブリスコラ」2人用ルール説明図

イメージ
トランプゲーム「ブリスコラ」2人用ルールの説明図を作りました。




PDFはこちらです。 >>トリテンシのブリスコラサマリー A4カラー

このサマリーにいるキャラクターはトリックテイキング天使のメイとマスト。 現世でトリテを愛した人たちをトリテンゴクに案内します。



トランプゲーム「ドゥビトー」サマリー兼プレイヤーシート

イメージ
トランプゲーム「ドゥビトー」のサマリー(ルール要約)とプレイヤーシートを兼ねたものを作りました!
ほんのりトレジャーハントフレーバーにしています。



データはこちらからダウンロードして印刷してお使いください!
>>PDF(A4サイズ/カラー)
色違いで4枚(最大プレイヤー人数分)あります。1人で遊ぶ場合はよりハイスコアを狙う感じで何度かやってみるそうです。

ドゥビトーは、ライナー・クニツィアのダイス・トランプゲーム集に掲載されている、シンプルながらクニツィアジレンマの効いたトランプゲームです。
ルールの要約を左側に記載し、右側の白い部分にカードを重ねるスペースをつけています。
少し場所をとるので、カードは半分重ねて列を作るのがおすすめです。

こんな感じで。

スカルキング便利セット

イメージ
以前に作成した「スカルキング」の得点サマリーとカードの強さ表のPDFをアップします。

>>スカルキング便利セット データはこちら(A4サイズPDF 得点まとめ 6枚・カードの強さ早見表 1枚)
得点サマリーは切り取るとカードと同じサイズになります。 右上のマークが剣のほうは専門用語を知っている人向け、赤いオウムのほうはトリックテイキングゲームに詳しくない人向けに作りました。 カードの強さ早見表は折らずに箱に収まるサイズです◎

あと、便利セットとして、私はビッド表示用に10面ダイスとスコアメモ用の鉛筆を入れています。

プレイタイムが長く取れないときはラウンドを飛ばして
1,2,4,6,8,10ラウンドのみで遊んでいます。これでも十分楽しめます:)