ブルッヘとアクアスフィア

ステファン・フェルト氏 作のボードゲーム、
BRUGGE(ブルッヘ)とAQUA SPHERE(アクアスフィア)のサマリーを作りました。
自分の言葉でまとめていますので、使えそうでしたらお使いください。


AQUA SPHEREサマリー(PDF/A4)
2018.1.30 ver.2をアップしました。
研究所の拡張…×そのうち1つ→○各区域のセクターに配置できます。
時間トークン…×2つ→○最低2つ 調査カード…(追記)取った時に電球マークの点数を得ます。

どちらも日本語版が販売されていますが、私が持っているのは海外版です。

ブルッヘは、自分がしたいことを(わりと)できるゲームだと思います。
ルールに細かい部分や例外が少なく、ボードが美しいので個人的に大好きで
ユーロゲームに慣れていない友人を誘って遊ぶほどです。
以前、家でぼーずさんに教えてもらって即ポチでした。

アクアスフィアは滋賀のゲーム会でヨシダさんに教えてもらったのがきっかけで、
後のゲームマーケットで中古品を安く購入しました。
一度遊んでみて細かいルールが多い印象がありましたが、サマリを作っていたらまた遊びたくなりました。
識別の関係なのか、タコのコマが紫色、クリスタルが黒色というのが禍々しくてよいです。


ついでに★

サマリを作るときに心がけていることを言葉にしてみます。

プレイ中「今、自分が何をしたらいいか」がわかること
(点を得られる条件やアクション一覧などの項目をわかりやすく)
例えば、Aのリソースは足りていて、Bは足りない。Aを使ってBを得るアクションはないかな、と思ったときに早引きできるところを作る感じ。

重要な流れや順序をプレイ中に確認しなくていいこと
(全体の流れ、間違いやすい箇所、ある条件下で必要なコストなどを記載)
私はプレイ中に不明なことを「折角インストしてもらったし、わかっていないのは自分だけみたいだし聞き返せない」ということがよくあります。
そこを補えたらいいなと。

単に出来ることをまとめるだけじゃなくて、私がプレイ中に悩んだら何が知りたいかな、と
考えて表現を選んだりします。
個人的には、初めて遊ぶゲーム(とくにゲーマーズタイトル)は
勝者になれずとも、チュートリアルのつもりで遊んでいますが
それでもやっぱり勝ちたい、戦略を練りたいという気持ちは別です。
経験済プレイヤーと未経験プレイヤーの溝が少しでも埋まったらいいなぁと思います。

仕事でデザインのアドバイスをするときも、文字組みとか色合いとかの細かい部分の前に
「受け手にとってメリットのあるものを第一に」とお伝えすることが多いです。

コメント

このブログの人気の投稿

トランプトリテ「ハムレット」

制作実績とお仕事について その1